「画鋲で壁にあいた穴を目立たせたくない!」おすすめ画鋲と補修術。

子どもが小学生になり、学校で作った作品を壁に貼ったり、スケジュルを管理するために、大き目のカレンダーを貼るようになりました。

 

また、トイレには、世界地図・漢字・掛け算等の、ポスターも貼ってあります。学校で新しく学習するたびにポスターを変えるので、壁は穴だらけです。

 

今回は、我が家でためした、画鋲や穴埋めを紹介したいと思います。

 

壁の穴が目立たない画鋲

 

一般的な画鋲やダルマピンは、針が太く1mm程度の穴があいてしまいます。

1mmとは言え、新築時に穴があいてしまうとちょっとショックですよね。賃貸でもなるべく穴は、目立たせたくありません。

そこで、穴が目立ちにくい、ピンを使う事をおすすめします。

ニンジャピン

 

V字型に穴があくので刺した後をなでるだけで、穴が目立たなくなってしまう優れ物。

まさに、「隠れ蓑術」。忍者です。

デザインもおしゃれなでカラーも豊富。違いを見せる方には、うってつけの画鋲です。

ただし、1個単価50円以上とお値段は結構高め。

 

created by Rinker
アッシュコンセプト (h concept)
¥880(2020/07/13 09:41:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

針が細い画鋲:無印良品

 

その名の通り針が細く、その分穴が目立ちにくくなります。

お値段もなるべ1個単価10円とお安いです。

40代の方ならわかると思いますが、「これぞ無印!」って感じの商品です。学生の頃、やすくてかわいい無印の便利グッズが、コンビニでも買えた時代が懐かしいです。

 

created by Rinker
¥430(2020/07/12 18:11:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

コスパ最強は、自分でふさぐ

 

「とにかくコスパ重視!」の方は、

クロスの隙間補修で紹介した、100均の「かべパテ」を使う事をおすすめします。

穴をふさぐので、目立ちにくいと言うより、穴がまったくわかりません。

 

「かべパテ」をしようして、穴を埋めました、どこに穴が開いてたでしょう?

 

 

正解は・・・

 

 

これだけアップの画像でもほとんどわからないので、「かべパテ」で穴を埋めてしまうのが最強かも。

使い方は、簡単。チューブから直接手に取って、穴に埋めていくだけです。はみ出した部分は固く絞った雑巾で拭いてください。

100円で、使いきれないほどの量があるので、コスパ良すぎです。

 

デメリットは、壁の色が白限定になってしまいます。カラークロス(壁紙)を使用している場合は、穴の目立ちにくいピンを使うしかありません。

 

新築で、壁に穴を開ける事に抵抗がある方は、是非、試してみて下い!