ロードバイクの工具入れは、シンプルデザインのツールケースを!

購入時に貰ったサドルバッグを、ツール入れに使用していました。

中身の取り出しづらさや、リアライトの装着に不便。そこで、ボトルゲージに入れるタイプのツールケースを購入しました。

大容量で使いやすい!!

シンプルなデザインは、見た目もかっこよくなるのでおすすめですよ!

背が低いのでシートポストが短い

背が低い方にとっては、シートポストを高く出せないのが悩みでよね。私もシートポストを高くする事が出来ません。

若干ロードバイクのサイズが大きい気がします。自転車屋さんの店員さんに言われるがまま買ったのですが、買った時は何も知らなかったので・・・。

サドルバッグを付けるとなんだかバランスが悪くてかっこ悪いし、シートポストにバッグを付けるのもあまり好きじゃない。リアライトは、シートポストに付けたいし、取り外しも面倒でした。

ボトルゲージ用ツールケース

 

ロードバイク購入時におまけで付いていた「スペシャライズド」のサドルバッグ。容量が足りなく、ワイヤーロックを入れる事ができません。

そこで、サドルバッグをやめて、ボトルゲージに入れるツールケースを購入しました。ジップタイプで、全開に開けば、工具の出し入れがとっても楽。

欲しかったのは、メーカーやロゴがなるべく見えないシンプルで、大容量の物。最終的候補2点にしぼられました。

BM WORKS ツールカプセル
「ツールカプセル」は、大容量なので、通常のライドで必要最低限の工具が全て入ります。

必要な物だけ取り出せるのでとっても便利です。見た目もシンプル!!私は、見た目で「BM WORKS ツールカプセル」を購入しました。ジップのシングルラインがカッコいい!!

デメリットとして、ジッパーが破損しやすいそうですが、根元を持ってきちんと扱えば問題ないと思います。壊れる気配はありません。物を入れ過ぎると、ジップは壊れやすくなります。

最新のモデルは、ちょっとお高いです。私が使っているのは、以前のモデルです。カーボンタイプより安く購入できます。見た目も以前の方がかっこいい!

なんといっても安い。始めて買うならこれだと思います。多少使いづらくてもこの価格なら納得できますよね。

初心者入門ツールケースとしては、申し分ないと思います。

 

ツールケースは大容量

紹介した2点は、どちらも大容量。簡単に外せて、持ち運びも便利ですよ!

  • 自転車用タイヤチューブ1本
  • タイヤレバー
  • ミニツール(携帯工具)
  • ワイヤーロック
  • ミニポンプ(空気入)
  • パッチ
  • 電池

 

通常のライドで入れているのが、以上す。予備のフロントライトが入る余裕があります。

ミニポンプに変えて、CO2ボンベも入れる事ができます。

パカっと開くので、取り出しやすく、いちいち手前の物を出さなくて良いのでとっても便利ですよ。

まとめ

ボトルゲージにツールケースを入れる事で、全体的にスッキリ見せる事ができ、本来のバイクのかっこよさが引き立ちますね。

ロングライドに出る際は、大容量のサドルバッグやリュックをいずれ買う事になるので、初心者の方は、小さなサドルバッグを買うより経済的ですよ!

関連記事:【ロングライドの必需品】初心者が大失敗!これだけは持って行こう